腰痛

こんな症状ではありませんか?

  • 手術を勧められたが抵抗がある
  • 立っているだけで腰が痛い
  • 朝起きた時に腰が痛い
  • ぎっくり腰になり、困っている
  • 腰痛で仕事に支障が出る
  • 腰がまっすぐに伸ばせない
  • 足に痛みや痺れがはしり、長時間歩けないことがある
  • 片方のお尻のほっぺたに強い張り感がある。
  • 骨盤が片側にスライドしている。

 

▶本施術院で適用となるもの(3つ)

1.筋筋膜性腰痛(ぎっくり腰)

●病態ー急性のものは、急激な動作で筋肉・筋膜の損傷や腰痛の関節捻挫などによって起こる。慢性のものは、筋疲労や組織の瘢痕化による循環障害や刺激が原因で起こる。

●症状ー急性のものは、損傷部位に限局した痛みが強く、疼痛性の側弯がみられることもある。主として、前屈動作や立ち上がり動作の障害が強い。慢性で急性ほどの強い症状はまてである。

●所見ーいずれも、腰の片側や腸骨稜の周り、背骨とお尻のつなぎ目付近に特徴的な限局性の自発痛や圧痛、硬結がみられる。

2.椎間関節性腰痛

●病態ー椎間関節の障害に起因するとみられる腰痛である。急性には、急激な動作により関節周辺の軟部組織が損傷されることによる。慢性には、他の関節での老化変性同様の関節症性変化が椎間関節に現れることによって発症する。

●症状ー疼痛部位と圧痛に特徴がある。疼痛は多くは下位腰椎部にあり、圧痛は椎間関節(棘突起の高さで、正中より約2㎝外方)の深い圧痛で検出される。脊柱の運動はいずれの方向へも困難になるが、特に捻転と後屈が強く障害される。

3.脊椎変形性腰痛

●病態ー40歳前後から脊椎に老化変性に起因するとみられる腰痛である。

痛みの発症には椎間板や骨棘による刺激や、椎間関節刺激さらには筋筋膜由来などが考えられる。

●症状ー腰部が重い、だるいなど漠然とした不安の腰部症状を示すことが多い。だだし、起床時や動作開始時に腰部の痛みやこわばりがあり、それが運動と伴に改善するといった特徴的な症状を示すことがある。変形が進行すると、腰椎後湾の増強や階段現象などがみられる。

腰痛のほとんどは日常生活や労働環境からの身体の疲労が蓄積したうえで、無理な姿勢や動作後に急激に起こることが多く、筋肉、筋膜の損傷や腰椎の関節捻挫などによって起こる腰痛はレントゲンやMRIで異常が見られないのです。時には下肢のしびれや痛みを伴う坐骨神経痛も見られます。しかし、稀にその解剖生理学的な関係から、腹腔や骨盤内軟部組織の炎症や腫瘍などが起因する腰痛も念頭に置いておいてそれを見分ける必要があります。

どこに行っても症状が改善しないとお悩みの方は、ぜひ手稲前田はりきゅう整骨院にお越しください。根本的な原因の改善をお手伝いします。

○腰痛や坐骨神経痛で実際来院された方について御説明していきたいと思います。

70代の男性の方です。

病院から脊柱すべり症と言われ、痛み止めの処方と手術を勧められましたが家族の紹介で来院されました。

初日は特に右のお尻とに足痺れや痛みが強く、歩くのがとても辛そうでした。触診の結果、腰よりお尻の張りや痛みが強かったので、まず横向きで鍼治療を施しましたが途中で横向きの姿勢が辛いとことでお腹にマットを入れ、うつ伏せで施術をしました。施術の1週間後の張りや痛みは半減しましたがそれ以上の変化がないので、もう一度腰椎を触診したら、右に圧痛や筋緊張が強かったので、左を上に横向きにして、腰椎を矯正したところ、三日後からは普通に歩けて、足のしびれや痛みもほとんど消えました。

腰痛治療

 

当治療院では患者様の痛む動作や筋肉・筋膜の緊張状態などを検査し腰痛の原因となる障害神経根付近の循環改善および臀部や下肢の疼痛部位の鎮静を目的に、腰臀下肢のトリガーポイントを中心に電気治療や温罨法、筋肉をやわらげる手技療法などを施します。症状が強い場合は針治療を施してから手技療法をします。屈曲や後屈、回旋運動制限が見られる場合は、それに合わせて自然な動きがとれるように当治療院独自の骨盤矯正、背骨矯正も施します。 初診時は時間をかけて原因を突き止めます。原因がずれてしまっているとそのあとどれだけ治療を行っても効果が出ないからです。レントゲンを撮影しても「異常なし」や「加齢のせいでしょう」「レントゲンでは少し異常はあるけど…」などと言われた方でもしっかり検査を行えば原因は突き止めることが出来ます.

どこに行っても治らなかった腰痛や長い間悩まされてきた慢性的な腰痛でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。一番辛い症状を改善させるために一緒に治していきましょう!!

          

 

トリガーポイント治療 (腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア)

 

当院のトリガーポイント治療は、頑固な痛みでも取り除き、再び痛みのでない身体づくり=根本改善を目的にしています。
トリガーポイントとは、痛みの「引き金」となるポイントで、主には筋肉のしこり、こわばり、緊張状態が該当します。まずはしっかりと患者様の症状を丁寧にお聞きして、本当の原因となるトリガーポイントを正常な状態にリセットしていく治療を行います。
痛みなどの症状が出ている部分と、その原因となる部分=トリガーポイントが異なるので、痛み止めの薬を飲んだりシップをはっても一時的にしか痛みが取れず、しばらくすると痛みが繰り返してしまうのです。
当院では、そういった根本原因に対してのアプローチが得意なため、頑固な痛みでも取り除くことができます。

 

 

家で一人で出来る慢性腰痛体操

 

慢性化した腰痛は、時々思い出したように体操したぐらいではなく、軽いうちに、毎日根気よく五分でも続けることが大切です激痛があるとき体操はやめましょう。

膝,股関節をストレッチで伸ばします、一日の緊張した腰筋肉を和らげましょう。


腹筋運動は顔だけを起こして、おへそをのぞくように五秒ぐらいで繰り返す。急な起こし方は禁止です。